父は無遠慮に質問や意見(という名の攻撃や否定)を投げ掛ける人だった。答えられずに黙ったら満足そうな顔をする。