「(娘)ちゃんのお母さん、お久しぶりです!」と馴れ馴れしく声をかけられて、誰かと思ってみたら馬鹿女で鬱陶しかった。