エネ夫「虐待と言うがしつけだったのでは?それでも君の親なんだから。娘ができたから君も親を許せるはず」