精一杯目を乾かし涙が流れ出たところで井戸端会議に突撃。「ごめんなさい!私が駄目嫁なばかりに!!」大トメ。「や、ち、違うわよ、あなたの事じゃないのよ」「でもうちで家事もしない嫁って私のことじゃないですか!?えっ…まさか…トメさんのことですか…!?」