もし親友と呼べる友人がいたら、それは人生の半分に値すると思う。そんな俺と親友の12年間の話